HISTORY & TEAM – SWISSMISO

HISTORY & TEAM

私たちのヒストリー
ブラジル生まれ大阪育ち、母親の作る発酵食品がいつも身近にあったゆみこ。
赤味噌発祥の地、名古屋近郊で育ったあずさ。
味噌ラーメンが美味しい北海道生まれのゆうき。
日本の国境を越え、その食の伝統を伝え続ける事に情熱を傾ける3人。

私たちの物語はこうして始まりました…

子どもの頃から料理好きだったゆみこ。ニューヨークでアパレル商社に勤務後、スイスに移り住む。子育てをしながら実家で見ていた味噌作りを始める。もっと美味しい味噌を作りたいと思っていた頃、「食」で事業を始めたいと思っていたあずさと出会う。
朝食は決まって「赤味噌の味噌汁と白いご飯」で育ったあずさ。とんかつには味噌だれ、野菜の味噌和え、名古屋独特の赤味噌が身近な存在だった日本時代。来スイス後、日本語教師→寿司の生産販売企業にて店舗責任者を経験後、「日本の食」を広める事業をしたいと思うように。日本でブームになっていた“味噌玉”を知り、ヨーロッパ生活の中でも味噌汁をもっと手軽に、もっと日常的なものにできるのではと思っていた矢先、味噌作りをしているゆみこに出会い意気投合。味噌生産を本格的に決意。
実家が農家で、子供時代のおやつはきゅうり味噌。味噌製造に携わっていたこともあり、いつも美味しい味噌を食べて育ったゆうき。遠い昔、添乗員としてヨーロッパ、アメリカを訪れており、縁あってこのスイスに住む事に。料理繋りからゆみこと出会い、その影響から自分で味噌を仕込むように。面白さを見出し始めた矢先、ゆみこ&あずさの味噌生産プロジェクトに引き込まれていくことに…

それぞれ違う道を歩んできた3人の軌跡がこのスイスで交わり、2020年1月SWISSMISOは生まれました。

私達は、スイスの綺麗な環境で育ったオーガニック大豆を使い、最善の環境で美味しい味噌を作れる事に喜びを感じています。子供達に美味しく健康的な食事をするよう教えることを日本語で「shoku-iku」と言います。家族だけでなくスイス中、ヨーロッパ中の人達に「shoku-iku」の精神を伝えたい、これがSWISSMISO設立の基盤になっています。
日本の食文化を守りながら、同時に環境に配慮する為ローカルの原料を使用しスイスで味噌を作るという事は、私達にとって大きなチャレンジです。食生活をもっと豊かに、Japanese Food で人々の暮らしを良くしていくことが私達のミッションです!


SWISSMISOチーム

エクスプローラーゆみこ

柔軟性と魅力に秀でるアーティスト
常に新しいものを探索し、経験を積み重ねる冒険家

エンターテナーゆうき

自発的でエネルギッシュ、熱狂的なエンターテイナー
 周りを飽きさせない達人

インスパイヤーあずさ

情熱的で独創的、社交的な自由人
あらゆるところに微笑みの種を見つける名人

アドボケーターテアナ

穏やかで神秘的
惜しみなく人々を勇気づける飽くなき理想主義者